FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新会堂、初の洗礼式。

2011.08.29.20:01

先日、私たちの教会では洗礼式が行なわれました。
DSCN3478.jpg

洗礼式とは、簡単に言えばキリスト教を信じていきます、という儀式です。
私たちは、クリスチャンとしての入学式だと言っています。

キリスト教会は誰でも来ていい場所ですが、
洗礼を受けるということは、正式に教会のメンバーになる、ということです。
普通に礼拝に出るだけなら洗礼の有無は関係ありませんが、
大切な会議の時には、この洗礼を受けている人だけが発言権があるのです。
たとえば、今年完成した新会堂を建てるかどうかという会議には
洗礼を受けている人しか出られませんでした。
このように、洗礼を受けるということは
教会を動かす一員になるということなのです。

さて、その嬉しい入学式に、今回は三人の希望者がありました。
小学生と青年、そしてご婦人の方の三名です。
DSCN3484.jpg
三人が三人とも、個人的なイエス様との出会いがあったようで、
洗礼を受ける前にその気持ちを告白してくれました。

今回の洗礼式は、武庫川教会始まって以来の、
自分たちの教会で行う浸礼です。
浸礼とは全身を水の中につける洗礼のことです。
DSCN3487.jpg
私たちの教会のグループでは、
出来る限りこの浸礼を行うように決められているのですが、
昔の古い教会では浸礼を行うことができず、別の教会に行って洗礼を行うか、
滴礼という、水滴を頭の上に何滴か垂らす洗礼を行なっていました。
なので新会堂は浸礼での洗礼を行うために、専用の洗礼槽を造りました。
普段は礼拝堂のステージの下にあるので見えませんが、
ふたを外せば立派な洗礼槽があるのです。

こうして、武庫川教会初の浸礼による洗礼式がとり行われました。
三人が三人とも、とても喜んでいました。
また周りの人たちも喜んでいました。
洗礼式は受けた本人もさることながら、
周りの人の方が嬉しいようです(笑)
DSCN3494.jpg

このように洗礼式は喜びの入学式です。
次は誰が洗礼を受けるのだろう?
今から楽しみです。
スポンサーサイト

中高生キャンプの恵み。

2011.08.25.18:54

8月17~19日の三日間、中高生キャンプに行って来ました。
武庫川純福音キリスト教会が所属する、日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団では、
春と夏に、関西二府六県の諸教会から、中高生が一つところに集まって、キャンプを行ないます。

今回は滋賀県びわ湖近辺のキャンプ場を借りて、キャンプを行ないました。

私たちの教会からは、部分参加を含めて7名の青年が参加しました。

今回の講師は、神奈川県金沢キリスト教会の船津信成先生で、
先生は「教会を愛しましょう!」と中高生に熱く語ってくださいました。
DSC_0129.jpg DSC_0132.jpg

大人の側からは、「教会を愛するなんて当たり前」と思いがちでしたが、
中高生にとっては衝撃だったようで、意識して教会を見直すよいきっかけになったようです。

中高生たちが自分の教会を愛して、大好きになってほしいと思います。

中高生の祭典、ユースフェスティバル。

2011.08.25.18:53

今、キリスト教界では「若い人がいない。」という危機意識があります。
それは色んな教会の集まりでも耳にします。

ただ、「若者の考えていることが分からない。」というのはキリスト教界だけでなく、
この日本全体にも言えることではないかと思います。

けれども若い人がいるということは、その組織に将来がある、ということです。
私たちの教会は、教会の将来である若者を育てるために、
若者の賛美集会、ユースフェスティバルを行うことにしました。
DSCN3469.jpg DSCN3473.jpg


行うことにした、と言っても、すべてのプログラムは中高生、青年たちが計画しました。
彼らが歌う歌を決め、練習し、集まりの後のお茶会も計画しました。
もちろん教会のみんなが協力してくれたことは言うまでもありませんが。

いくつかの教会の青年たちも来てくださり、にぎやかな集会となりました。

「若者は若者によって研がれる。」という言葉をある本で読みました。
DSCN3477.jpg
武庫川教会の若者たちが協力し合い、教会を愛して、
次の世代を担う器になってほしいと思います。

ピュリティリング贈呈式。

2011.08.25.18:51

先日、武庫川教会はピュリティリング贈呈式を行ないました。

その前に、ピュリティリングの説明をしたいと思います。
ピュリティリングとは、親や牧師が、結婚していない男女に対して、
結婚まで性交渉をしない、純潔を守ることを教えて、渡す指輪のことです。

この贈呈式に参加して指輪を受け取った人は、
神様と教会員の前で、純潔を守ることを誓うのが、この儀式です。

キリスト教を知らない人にとっては、何とも古臭いしきたりに思えるかもしれませんが、
聖書では、結婚まで男女が純潔を守ることの大切さを教えています。
私たちはその聖書の教えを守り、この教えを守ることが、
自分を大切にし、将来の伴侶を大切にし、私たちを愛している神様を大切にすることに
つながるため、この儀式を取り入れることにしました。

今回このピュリティリング贈呈式に参加したのは、大学生の男女二人。
共にクリスチャンホームの兄妹で、それぞれ父親と母親からリングを受け取っていました。

またこの贈呈式には思わぬ効果が現れました。
まず、新しく教会に来た人が、聖書の高い倫理観に触れるよいきっかけとなったこと、
もう一つは、中高生によい影響を与え、
彼らの中から「自分も次回は受けたい。」という声があがったことです。

もっと早くから取り入れればよかった、という声もちらほらと。
教会ぐるみで次世代のクリスチャンを教育していくことが出来る、
そんなすてきなピュリティリング贈呈式でした。

武庫川教会、初の中高生サマーキャンプ決起祈祷会!

2011.08.01.15:04

完全に内輪ネタになりますが、
実は先日の日曜日7/24の晩、武庫川教会にてあることが行なわれました。
それは、関西教区中高生サマーキャンプの決起祈祷会です。

武庫川教会が所属する日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団には、
全国200以上の教会があり、関西二府六県には38の教会があります。
その関西の教会の中高生が一同に集まって行なわれるキャンプが8月にあるのですが、
毎回、キャンプの一月ほど前に、集まって決起集会が行なわれるのです。

その決起集会の会場に、武庫川教会が使われたのです。
これは武庫川教会始まって依頼のことでした。
それも当然、80~100名もの人が集まるので、古い教会では入ることができず、
会場として使ってもらうことができなかったのです。

しかし、新しい教会になり、広さも申し分なく、駐車場も結構あるということで、
ぜひ使わせて欲しいと頼まれ、決起祈祷会を行うこととなりました。

初めてのことで緊張していましたが、
集われた諸教会の皆さんにとっても快適だったようです。

また何より、武庫川教会の中高生がたくさん参加できたことが喜びでした。
いつもは遅くまでかかるので、中学生は連れて行けなかったのです。
参加した子どもたちは喜んで、キャンプに対する期待を膨らませていました。
CIMG2907.jpg CIMG2905.jpg

教会の中で中高生に関わる人は口々に、
「次もウチでやってもらいたい。」と言っていました。
受ける側から提供する側に変えられた。これってすばらしいことだと思います。
プロフィール

武庫川純福音キリスト教会

Author:武庫川純福音キリスト教会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。